ビフォー(加工前)

 

 

アフター(加工後)

 

お客様の声

喪服は、もう着ないけど捨ててしまうには・・・ 何かに変わらないかと思っていましたが
桜の花びらを描いてもらって附下にしょうと相談しました。
お仕立直しも含めてお直しすれば裾回りにだけ柄が入れられますとの事。
思いもつかない提案でびっくりでした。

 

職人の声

お留袖の場合が多かったのですが、せっかくならお袖のご紋も無くして
柄足しの予算を抑えようとお仕立直しで紋を3ッ隠す事に致しました。
だだ、全ての加工に苦労しました。
仕立て方を考える事、紋を塗りつぶしても違和感は残りますので、紋の消し方、
最後に、花びら・・・バランスが難しく・・・
ご満足頂けると幸いとおもいます。